ゴルファーズクリニックは
つちこカイロプラクティック内のカテゴリーです。
ゴルファーへのメッセージ
「長期的に患っている症状の改善のためにゴルファーズクリニックはあります。痛みをできるだけ早くとり、再発を防止し、パフォーマンス向上と生活レベルの向上を提供します」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-16-14
大高ビル2F
電話 03-3350-9133
Mail info@golfersclinic.com
院長  土子 勝成(つちこ かつなり)

ゴルフでの腰痛

どこに行っても治らないゴルファーには、特有の問題があります。

そこには「メンタル」と「機能」の要素が大きく関わることを知りました。

○ スイングの形や、スコアメイク、人の視線などメンタル的要素。

○ 体の関節機能に問題を起こしている要素。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症などの診断を受けている方でも、「メンタル」と「機能」の問題を解決すれば、腰痛はかなり変化、もしくは改善することを知りました。

どの道、腰痛は治らないとあきらめているのなら、一度ゴルファーズクリニックにご相談ください。

プレーヤーに合わせた治療を行い対応いたします。

お問い合わせページへ

施術説明ページへ

ゴルファーズクリニックの詳しい解説

◆ 腰痛の原因

  • ゴルフスイングが悪いから腰痛
  • 固まった腰の関節
  • 下肢の筋力に問題
  • 連鎖運動に問題
  • ライや環境が影響
  • スイング改造の影響
  • 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など神経圧迫の問題
  • 癌や腫瘍などの問題

 

◆ ゴルフスイングが悪いから腰痛

実際にはゴルフスイングが悪くて腰痛にはならないと考えています。と言いますのは、スイングがどんなに悪くても体が柔軟なら腰痛になりません。しかし、体の柔軟性がなかったら良いスイングしていても腰痛になります。つまり、柔軟性のない腰に問題があると思います。そこには固まってしまった腰の関節と股関節の影響や、固めてしまう思考が関わります。どちらにせよゴルファーズクリニックで治療可能です。ご相談ください。

動きの悪い体の改善ページへ

アクティベータ治療ページへ

 

◆ 固まった腰の関節

骨盤や背骨と言うのは、人間の体の「維持」と同時に「柔軟性」をたもっています。柔軟性というのは、スイングしたり日常生活するのに必要な要素です。ところが時に、固まるんです。ここには環境的な要素や、刺激によって突然起こります。もちろん自分の体を守るためです。一度固まってしまったものは、なかなか外すことができません。ですから固まったところを的確に捉え、動くように治療することが重要です。ちなみにギックリ腰もこの固まった腰によって起こります。通常でしたら、くしゃみをしたときに腰周りの筋肉は伸び縮みして対応します。しかし、固まっていると伸びないため筋肉が損傷してしまうのです。これをギックリ腰と言います。 クシャミをしたことが悪いのでも、重いものを持ちあげたことが悪いのでもなく、固まった腰が悪かったのです。

 

◆ 下肢の筋力に問題

下肢の筋力低下に問題を起こしているケースもあります。この場合、歩いていて疲れやすいや、階段の上り下りが辛い症状もあるかも知れません。下肢の筋肉にしっかりと力が入るかを、筋抵抗検査を使って検査することができます。下肢の筋肉には代表的な腸腰筋、中殿筋、ハムストリング、大腿四頭筋と前後左右で支えます。さらに、それは左右でバランスよく調節します。この筋肉に問題が発生すると、体の支えが悪くなり腰痛になるのです。このようなケースでは、いつもよりスライスがかかり過ぎるとか、ダフリやすいとか、トップしやすいなどショットにも影響するかも知れません。下肢の筋力の問題も考慮するといいでしょう。治療は筋力低下した筋肉を特定し、問題を解決すれば腰痛も筋力低下も治ります。

動きの悪い体の改善ページへ

 

◆ 連鎖運動に問題

スイングと言うのは、連鎖運動の連続です。バックスイングでは、下肢と上肢の捻転の時の筋肉の連鎖や、切り替えしでは、下肢や骨盤の回転と上体との連鎖運動により、スイングスピードは違ってきます。野球のバッティングを例にあげますと、左足でステップして上体を振り下ろしバットを振ります。これがまさに連鎖運動であり、ゴルフの世界では「タメ」と言っています。そこには滑らかな柔軟性と力強いパワーが一丸となってスピードアップをします。さらにゴルフでは、そこにシャフトのしなりとトルクが加わり、ヘッドスピードがアップして行きます。ところが、連鎖運動の中でスムーズに連鎖できなくなると、腰痛になります。腰の筋肉の収縮と弛緩が瞬時にできることが求められます。このような現象を共縮現象といいます。検査としては下肢と上肢の連鎖運動、左サイドと右サイドの連鎖運動などあらゆる角度でチェックします。 

 

◆ ライや環境が影響

ライや環境の影響はかなり受けます。ライですと、ぬかっているライ、沈んでしまうライ、足を取られるライ、踏ん張らなくてはならないライなど様々です。それらのライに対応できる柔軟な体が必要で、対応できないと腰痛になるケースがあります。また、環境というのは、コースの錯覚やワナ、季節や天候なども関係します。五感で感じる情報に対応できないと腰痛になります。

 

◆ スイング改造の影響

スイングを改造して腰痛になるケースがあります。そこには、変化するスイングを拒否する自分や、頭で思った動きができない体や、体を止めようとする意識が誤作動し腰痛になるケースです。スイングの改造はかなり難しいものですが、それが必要な場合があります。意識の高いプレーヤーほど、スイングを改造して上を目指すことでしょう。だからこそ、その動きが体に合っているかをチェックし、体に合わせる治療が必要です。体に合うか合わないかを、チェックする検査がありますので受けられることをおすすめします。もし、体に合わないスイング改造の場合は、体に合わせるように調整するか、スイング改造を見直すことになります。

お問い合わせページへ

 

◆ 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など神経圧迫の問題

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の診断を受けた方は、もう治らないとか、一生付き合っていかなければならないと思うことでしょう。ところが、院長の土子ですが、以前椎間板ヘルニアの診断を受け、腰痛とシビレで苦労したのですが、今ではまったく腰痛もシビレもありません。また、脊柱管狭窄症の診断を受けた60台の男性が治療に来られた時のことですが、初めは腰痛とシビレで杖をつきながら、間欠跛行という歩いては止まりを繰り返して来てくれました。この男性は5回の治療で杖をやめ、さらに5回の治療で「治った」と言えるほどの回復となりました。今ではゴルフを週1ペースで楽しんでいます。このように症状改善になるには、専門医の診断は受けたのですが、実際にその影響が本当にあるのかを検査するところから始めます。治る可能性のある方は以下の要因が当てはまる方です。

診断を受けたけど…

  • ゴルフはできた
  • 痛みの少ないとき、調子のよい日がある
  • 動かしても、それほど痛くない
  • 動きと症状が一致しない
  • 以外に元気
  • この中に当てはまる方、もしくは症状の改善を望む方はゴルファーズクリニックにご連絡下さい。

    お問い合わせページへ

     

    ◆ 癌や腫瘍などの問題

    癌や腫瘍やその他の内科疾患は、こちらでは治療対象外ですが、今までに胆のう腫瘍、前立腺炎、腎結石、腸内の炎症を患っている患者さんが分からずに来られ、すぐに病院へと行ってもらいこれらの診断となり、早期治療で改善したケースがあります。こちらではこのような診断をすることは出来ませんが、治療対象か治療対象外かの判断はできます。危険な兆候を見逃さず対応することが可能ですので、安心してお越し下さい。

    お問い合わせページへ

    施術説明ページへ

       

    患者さんの喜びの声

    腰痛のゴルファー

    Y.Yさん 53歳 男性 会社員

    ゴルファーには腰痛で悩んでいる人も多いと思います。私もその1人でした。ゴルフ歴約30年、最近ではいつもラウンド後はサロメチールを塗ったり、湿布薬を貼ったりひどくなると整体に行きマッサージを受けていました。そんなある日、練習場で打っていると腰が非常に痛みこのまま打ち続けているとギックリ腰になってはコースに出られなくなると思いわずか20球ほどで切り上げました。この晩も翌日も痛みは和らぎませんでした。このままでは、ゴルフが出来なくなると思い、ネットで「ゴルフ腰痛」で検索したところ、「ゴルファーズクリニック」を知りすぐに予約が取れました。1ヶ月間に5回通い腰痛だけではなく、頸椎のヘルニアも殆ど痛みはありません。
    もちろん腰痛もないので、今はサロメチールや湿布薬も使っていません。ましては、腰痛がないぶんショットに切れが出てきたようです。とにかく痛みがないので振り切れる感じです。先日は土・日と2日連ちゃんでラウンドをし日曜日のラウンド終了後は練習場で打ちこみしましたが翌日は痛みはまったくありませんでした。
    土子先生にはただただ感謝です。
    また、万が一痛みが出たらいつでも1回で治していただけると思うと、安心してゴルフを楽しめます。
    ありがとうございました。