ゴルファーズクリニックは
つちこカイロプラクティック内のカテゴリーです。
ゴルファーへのメッセージ
「長期的に患っている症状の改善のためにゴルファーズクリニックはあります。痛みをできるだけ早くとり、再発を防止し、パフォーマンス向上と生活レベルの向上を提供します」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-16-14
大高ビル2F
電話 03-3350-9133
Mail info@golfersclinic.com
院長  土子 勝成(つちこ かつなり)

アプローチイップスをどうしていいか分からない"あなた”へ

アプローチイップスになってしまった
"あなた”へ

◆ こんな症状でお困りでないですか?

  • レッスンや打ち方を工夫したけど一時的だった
  • プロに教わったけど治らない
  • 友人からこうなってるよとアドバイスをもらってもどうしようもない
  • 一生懸命やっているのに体は上手く動かない
  • 練習ではうまく打てるのに、コースでは全くダメ
  • 恐怖で体が硬くなっている
  • 打つ前からミスすることが分かる

◆ アプローチイップスになると…

アプローチイップスになると、グリーンを外すことを異常に嫌います。もしのらなかったらそれだけでがっかりです。そのため無理してセカンドをのせようとするからゴルフ自体がおかしくなるかも知れません。そんなゴルフを長く続けていたらあまりにも面白くないと思います。

だからと言ってプロに教わったり、繰り返し練習してもどうしようもないのがアプローチイップスです。通常、練習場では上手く打ててしまいますからね。

ところが…

いざ本番のコースに行くと、アプローチの瞬間になると途端に動かない体・腕、勝手に動く腕・体になってしまいます。今この瞬間を治してもらいたいと思っていることでしょう。

ちなみにこの症状で病院に行くと「ジストニア」と診断されるかも知れません。

しかし、病院ではイップスを治す薬はありません。

どうしていいか分からないのは本当につらいと思います。

 

アプローチイップス施術を受けたお客様の喜びの声

● 5年まえからアプローチイップスに悩む

N.Mさん、55歳、男性、会社員

7回ぐらいの治療で、ゴルフのアプローチイップスが治りました。
ゴルフの楽しさを久しぶりに感じられ、プレー中笑顔が絶えませんでした。
土子先生に感謝です。
長年(5年くらいかな)アプローチでイップスのスイッチが入り、早打ちや空振りが頻発し、スコアを大幅に崩していました。グリーを外してアプローチが残るともう地獄でした。(むしろガードバンカーに入ると「ラッキー」って感じ。) ネットで土子先生のクリニックを知り興味を持ったものの、以前の治療を試して全く効果がなかったこともあり、半信半疑で治療を受けました。最初はなかなか効果がでなかったものの、5~6回目ぐらいから、なんとなく治療内容が核心に触れてきたように感じ(先生の話では、段々イメージが上手になったためとのこと)、その後のプレーで普通にゆっくり振ることができました。ここ数年、無かった感覚です。
まだ、完璧とはいえませんが、土子先生の治療でイップスのスイッチが1つ1つ切れていくような感じです。
この機会にイップスを完全に克服して、アプローチを苦しみから楽しみにチェンジしたいです。

 

うすうすメンタル系かなっと思ってるけど…

実は、システムエラーやコントロールエラーなんです。

システムエラーやコントロールエラーとは、

歩く動作を考えると、右手を打したら、左足を出します。これは考えなくてもできます。もうすでに歩くしシステムが記憶されているからです。

ところが、歩き方がおかしくなる、システムエラーするときがあります。それは、入学式や運動会の行進です。右手と右足を同時に出す子供が一人くらいいました。

それはその子だけシステムエラーしているからです。

なぜか?

入場行進の時に、過剰に緊張しているからです。

過剰な緊張は、システムをエラーするくらい混乱するものなのです。

あなたのアプローチイップスも、同じように脳が混乱してシステムエラーしているかも知れませんよ。

一緒に、そのエラーを改善しましょう。

★何があなたを緊張させるのか?

ここを聞きださしてシステムエラーを改善するのが、ゴルファーズクリニックの仕事です。

一人で悩まずに、相談してください。

アプローチイップスを改善するために、ゴルファーズクリニックはあるります。

〇 ぜひ、相談ください。

 

アプローチイップス施術を受けた患者さんの喜びの声

● アプローチイップスは13年間、パターイップス4年間

T.Hさん 51歳 男性 会社員

「いざ本番」となるとダフリ・トップ・2度打ち、パターは思った方向に打てない状況の中、土子先生のゴルファーズクリニックを知り思い切って受診。
空気銃の様な器具でパチパチ、その後ラウンドしてみると、ラウンド中の失敗アプローチ2回、パター3回のみ、正直言って半信半疑で最初のアプローチ、スムーズにスパッと振り抜けたい(?)って感じでした。 今ではバーディーパットも入るこの頃です
先生ありがとうございます。
これからも宜しくお願いいたします。

 

● アプローチイップスとバンカーショットイップス 10年間

S.Iさん 53歳 男性 会社員

私は、ゴルフ歴25年、平均スコア100前後の一般的なゴルファーですが、10年程前にゴルフスクールに通ってスイング改造に取り組んだ頃からイップスになりました。理論に基づいたスイングをすることを頭の中で考えるにつけ、だんだん身体に力が入りだし、通常のショットでトップが頻発しました。さらに、バンカーとアプローチショットにもトップの症状が出始め、恐怖心から身体に異常な力が入り始めます。具体的には、50ヤード以内のアプローチとバンカーショットは身体の硬直からトップとざっくりの繰り返しです。このため、イップスが出始めた以降は、スコアが100を切ることはなく、醜い時は、120近くまでたたくことがありました。この10年間、なんとかイップスを克服しようと練習も試みましたが、一時的に良くなることはあるものの、しばらくするとイップスが再発するということの繰り返しでした。さすがにイップスがここまで醜いと、ゴルフに行っても楽しくないし、時には苦痛にさえ思えてきます。 「もうゴルフはやめよう」と何度も思いましたが、イップスさえなくなれば、楽しいゴルフは、できるでしょうから、なかなかあきらめきれません。何か改善する方法はないかとネット検索したところ、当クリニックでイップス治療ができることを知り、藁にも掴む思いで訪れました。

私の治したいイップスは、身体の硬直によるトップ症状ですが、特にアプローチ、バンカーショットが醜い状況です。初回訪問時には、アプローチとバンカーショットのイップスを治療していただきましたが、後日のラウンドでは、最初はうまくいかない場面もあったものの、段々とアプローチがトップせずに打てるようになりました。
2度目の治療後のラウンドでは、アプローチショットの成功率が50%程度、バンカーショットについては80%の成功率でしたが、全てのショットで身体の硬直が少なくなりはじめ、スコアも10年ぶりの90台前半でした。まだ完全に治ったとは言えないものの、だんだん恐怖心が薄れて身体に力が入る度合いが少なくなってきているのがはっきりわかります。イップスは他人から見れば、「この人は何をやっているんだろう?」という動きになりますし、心のの中では笑われていると思います。しかし、自分でも悔しくて、仕方がありませんが、いくら練習しても、レッスン書やイップスの本を読んでもまったく改善されなかったのも事実です。
私は3回の治療を受けた段階ですが、かなりの改善が見られましたので、もう少しの間治療を受けてイップスを完全に治したいと考えいています。「再来院して治療してもらえば良いや!」と思えるのも気が楽です。 イップスで悩んでおられる方は、是非、治療を受けることをお勧めします。

 

ご自身のシステムエラーを切り替えたい方はご連絡ください。

一緒にシステムエラーを解決しましょう。

未来は明るいものになりますよ。

   

ご予約は電話一本ですぐ

電話番号 03-3350-9133

丸の内線 新宿御苑前駅から徒歩2分です

お気軽にお問合せください

笑顔で対応させて頂きます

詳しくは お問い合わせページをご覧ください

お問い合わせページへ