ゴルフが原因で起こる痛みには、「腰痛」「頸部痛」「肘痛」「背中」「肋骨痛」「肩痛」など様々あります。
しかし、どれもスイングと結びついている痛みです。ゴルフによる痛みはゴルフのレベルによって特徴があります。

なぜ、痛みでゴルフ歴がわかるのか?

スイングと密接に関係する痛みの発症

ゴルフは野球やサッカーなど、他のスポーツに比べ比較的動きの少ないスポーツです。したがって、いわゆる「外傷」は少ないのですが、筋肉の「損傷」は多く見られます。それはゴルフスイング特有の身体の動きにあります。ゴルフスイングは時に身体に大きな負荷をかける動きをします。

初心者ゴルファー

初心者ゴルファーにとってゴルフスイングは身体に負担となります。「両足で立ち、前を向いてボールを見て、横にスイングして横にボールを飛ばす」普段このような動きは多くはありません。野球やテニスをやっていた方は比較的適応しやすいのですが、そうでない方にとっては負荷がかかる動きです。

初心者ゴルファーの痛みは「油切れの自転車」のようなものです。油が切れた自転車で坂道を無理に漕いでいると壊れることがあります。まずはスムーズに動かすために油をさすことが大切です。

慣れないゴルフスイングを始める時には、しっかり滑らかに動くように油をさすことが重要です。油をさすとは筋肉や関節がしっかり動ける、動かせることで可動域が十分にとれているということです。慣れないゴルフスイングで身体に負担をかけた時や、ストレッチや柔軟体操を行わずに身体を痛めてしまった時には速やかにカイロプラクティックなどで治療をすることが大事です。なぜなら、そのような痛みは早ければ早いほどすぐに改善するからです。

少しゴルフにも慣れてラウンドや練習を重ねていくと起こるのが「 左肩甲骨付近の痛み」です。これはゴルフ歴1年前後のゴルファーに多くみられます。ゴルファー歴が浅く、左肩甲骨付近の痛みを訴えて来院される方はたくさんいらっしゃいます。

【参考記事】
「解決:初心者ゴルファーの肩甲骨付近の痛み」
ゴルフ歴1年前後の方に多い痛みを紹介しています。

ハンディ15前後のゴルファー

ハンディ15前後はゴルフも楽しく、練習にも熱が入ります。
打ち込みをされる方、またハードヒッターの方に現れるのが「右ひじの痛み」です。ボールに力を入れられるようになり、飛ばそうとして叩きます。
右ひじに力を入れて回転させることで負担かかりゴルファーズエルボーになります。

また、ずっとスライスボールだった人が、引っ掛けるようになった方に「左ひじ痛」が起こることがあります。そのような方は腰の切れが止まっていることが多く、左ひじに負担がかかっています。左ひじ痛になり、引っ掛けボールの出る方は腰の切れをチェックしてみてください。

シングルプレイヤー

シングルプレイヤーに多いのは「手首痛」です。シングルになりますと、遊びではなく真剣勝負の場面がほとんどになってきますので、練習もハードに行い、練習場での打ち込み過ぎや、練習のし過ぎで手首を痛めます。
手首の痛みは手首の関節が緩んでいる場合が多く見られます。その場合は、手首を固定する必要があります。

さらに、インパクトでのローテーションが負担になってるケースも多くみられます。昔の重いクラブに比べると最近のクラブは軽量化していますので、比較的少なくなっていますが、月例や試合が近づいてくると練習のやり過ぎで前腕の筋肉が耐えられなくなり痛めているケースがあります。

痛みが強い場合はやはり治療が必要です。しかしその前段階なら「握力を付ける」ことをお勧めします。過剰な練習に耐えられる握力を身に付けて、手首を守ってください。

スイングと身体の動き

ゴルフスイングは、両手でクラブを握ってフィニッシュまで行きますので、身体の使い方によっては、様々な箇所に負荷がかかり痛めることとなります。

身体の動きと不具合を確かめる方法として、スローモーションでスイングしてみてください。スローモーションでスイングする中で、どこかに痛みが出たり、動きに違和感のある部位がありましたら治療対象です。

スローモーションで身体とスイングのチェックをすることは、パフォーマンスを上げるためにも必要ですし、痛める前の身体のサインを見つけることに役立ちます。

スイング改造

スイング改造で痛めて来られる方がいます。今までと違うスイングをするので、思わぬところに負荷がかかり痛める場合があります。そういった時には、身体の可動制限や緊張する筋肉を治療しながらスイング改造をしてもらいます。

痛みを治すときは、ゴルフのレベルアップもいっしょにやりましょう。

ゴルフ初心者の方も、ベテランの方もゴルフスイングで起こる痛みは身体が訴えるサインです。今のゴルフスイングを見直すきっかけにしてください。そして、痛みは我慢せずにまずは治療することです。早い段階で治療されると、改善も早くなります。

しかし、痛みを治すだけではもったいない。ゴルファーズクリニックでは痛みを治すとともに、ゴルフ上達のきっかけにします。
痛みはあなたのスイングに結びついており、また改善点を現わしています。痛みを分析することでスイング改善、上達の方法が見えてきます。

痛みを治すのと同時にゴルフのステップアップも同時に図りませんか。

治療先を選ぶときには、ゴルフに精通した治療者を選んだ方が治療中もゴルフの話で楽しく有意義になります。
今、痛みを抱えている方は、ぜひゴルファーズクリニックにご相談ください。