イップス説明動画

イップスとは

イップスとは「誤作動記憶」です。

イップスとは、失敗の経験(ショット)でその時感じた「恐怖」や「くやしさ」、「圧迫感」や「屈辱」など様々な感情と共に記憶した状態です。これは一連の誤作動の神経回路として記憶され、同じような状況や感情がわいたときに、本能的、無意識的に神経回路のスイッチが入ってしまいイップスとなってしまうのです。

解決策は
「心の構造」が分かりイップスの「スイッチが切れれば」イップスから解放されます。
この先も読み進めてください。

イップスになるメカニズム

① ある時ミスショットの経験をします。その時にミスの経験を「恐怖」と感じます。

② 次に同じような場面になると、「恐怖」が湧いてきます。
そして 「失敗するかも?」と思いながらショットをして同じミスをしてしまいます。そうすると、脳の中では、「失敗するかも?」と思った感覚は正しいと認識します。「恐怖:感情」⇒「ミスショット」という一連の流れを脳内で記憶します。

【アプローチイップスの症例】
「4~5年もの間アプローチイップスに悩み面白くないゴルフをしていました」
イップスに悩まれただけに喜ばれた症例です。

③ 「感情」⇒「ミスショット」という脳で記憶された神経回路は全身の筋肉の収縮命令を出しています。この収縮命令によりイップス症状が現れます。この一連の流れがイップスを引き起こす誤作動の神経回路です。 したがって、最初に起こったミスショットとイップス症状は似ているようでも原因が異なります。

【78で回れたアプローチイップスの症例】
「7回目の治療後78で回れたアプローチイップス」
喜ばれて感想を長文で頂いた症例です。

④ さらに何度も同じような場面でイップスの神経回路が発動すると、このルートは強化されます。強化された神経回路は敏感になり、ちょっとした刺激でもイップスのスイッチが入るようにになります。 まさに原因がわからない、自分ではコントロールできないイップスの成立です。

あなたは今までどのくらいイップスを引き起こす「誤作動の神経回路 」を強化したでしょうか。イップスをごまかしながらプレーすることは「誤作動の神経回路 」を強化 することになります。
イップスのままゴルフを続けることは、改善を遠ざけていることになります。

【アプローチイップス症例】
「アプローチイップスが7回で良くなる」
ゴルファーの喜びの声も含まれた症例です。

イップスを治すにはどうすればいいか

イップスを改善するには誤作動のスイッチを切ることです。そのため治療は、誤作動のスイッチとなっている「恐怖」や「絶対」などの感情や思考など、あなただけの「要素」をひも解いていきます。

といいますのも、どのクラブでもミスショットは起こっていると思います。しかし、イップスになったのはドライバーのみとか、アプローチだけとか、偏りがあると思います。

つまり、あなたにとってイップスになったクラブは特別な考え方や感じ方があるのです。

「心の構造」を知る

あなた自身の生まれてからの経験により、様々な考え方やこうするベキなどのルールを決めてきました。このことを心の構造と言っています。

そこにはあなたの作った信念や価値観が大きく関わり、それはあなたが生きてきたすべての要素から作られています。そのため治療はあなたという人間をひも解くことになります。

そして、あなた自身で自分の中のこのような考え方がイップスにしていたのかと分かった瞬間、イップスから解放されます。

これが「心の構造」を知るということです。

【参考記事】
「PCRT(心身条件反射療法)の詳しい説明」
当院のPCRT説明ページです。

イップスについての動画

◆ アプローチイップスを克服するための動画

◆ 「イップスその後に」イップスが治った症例動画

◆ ドライバーイップス改善に向けての動画

◆ パターイップスを克服するための動画

【ショートパットイップスの症例】
「2年間ショートパットイップスの62歳」
イップスはスイッチにより現れるとの説明に納得されていました。

イップス施術の5つのステップ

  1. イップスの認識
  2. イップスになる構図の明確化
  3. パターン化された無意識の考え方を知る
  4. 身体の反応から無意識にあるスイッチを探る
  5. 脳のリハビリテーション

1. イップスの認識

イップスとは、どうゆうものかの理解することが最初のステップです。

イップスを知ることで何をすればいいか分かるようになります。

【参考記事】
「イップスとは」
一般的なイップスを解説しています。

2. イップスになる構図の明確化

誤作動のスイッチを探るために五感と記憶を探ります。

外から入ってくる情報は五感を通して身体の中に入ってきます。それと記憶です。どのような情報で敏感になっているかを探るとイップスになる構図が見えてきます。

【アプローチイップスの症例】
「アプローチイップスが改善した44歳男性」
(一時は何のためのゴルフをやっているのか分からなくなった)症例です。

3. パターン化された無意識の考え方を知る

誤作動記憶につながる思考パターン

考え方のクセをひも解き、どのようなスイッチがあるかを知ってもらいます。

そして、あなた自身で自分の中にある「心の構造」を知るとイップスから解放されます。

【参考記事】
「イップスは意識と無意識のギャップで起こる」
意識と無意識のギャップがどのようにイップスに関わるか解説。

4. 身体の反応から無意識にあるスイッチを探る

身体に訊く(きく)検査により、無意識内にあるスイッチを検出します。独特の検査を理解してもらい行うことで、スイッチ検出は効果を生みます。

【参考記事】
「イップスは治療できる」
イップス治療を受ける前に読んでほしい内容です。

5. 脳のリハビリテーション

新しい神経回路のループを強化するために、リハビリテーションを行いイップスにならない神経回路の強化を図ります。

【ショット・バンカー・アプローチイップスの症例】
「スイング改造からショット・バンカー・アプローチイップスになった53歳男性」
スイング改造がきっかけでイップスになったケースです。

施術を受けられた皆様の実感の声

改善された患者さんの声

◆ ハンディ3が9になったアプローチイップス

“治りました” 4~5年前からアプローチイップスで悩みHdcp3~9へ面白くなく、友人からゴルフに誘われる事すら苦痛になりました。
3月にある会で土子先生のお話を聞く機会を得て、目の前が明るくなった様な気がして早速治療して頂く事になりました。
2ヶ月半(7~8回)の治療から徐々に良くなり4ヶ月(13~14回)ほどで、ほとんどアプローチイップスが治りました。イップスにはスイッチがあること、また人から伝染ることいろいろ教えて頂きました。
まだまだ完璧ではありませんがアプローチの達人になる様にイップスの治療と練習に励んでいこうと思います。
土子先生 大変ありがとうございました。

◎ 改善された男性のキーポイント

  • 男性自身が素直で「治す」という意欲が大きかった
  • 答えは自分の中にあることを強く認識されていた
  • この治療をするうちになぜイップスが治るのかを深く理解された
  • 最初のうちはコースでイップスが現れてもその背後にある感情や考え方を観察された
  • 治るまで治療を行うという強い意志があった

治療の先にはイップスから解放された世界が必ずあります。

施術方法について

基本的にカウンセリングスタイルでイップスを探ります。その時、カイロプラクティックの検査で培った下肢長検査や筋抵抗検査という身体の反応を読み取る検査を同時に行うことで、あなたの潜在意識を探ることができます。

一般的なカウンセリングとは違い、身体に訊く(きく)検査によって客観的に観察することができます。

イップス治療についての説明動画

初めてイップス治療を受けたい方への動画

イップス専門ページをご覧ください