イップスが治ったら世界が変わる

□ 練習やレッスンで何とかしようなんて無理

練習場でイップス症状が出ないことは多いです。イップスが出ないで打てるのですから、練習での質を上げても、レッスンで教わっても、練習している段階では問題なく打てます。

本番で打てないからイップスなんです。

イップスの方へのメッセージ動画

○ ゴルフでの楽しみが苦痛へと変わる

アプローチイップスになると「ゴルフが楽しみ」とか「ゴルフ前にワクワク」という感情がなくなります。本当に辛いです。いっそのことゴルフを止めてしまおうと思うと思います。

しかし、プロゴルファーであったり、ゴルフが大好きな方には、そう簡単に止めるを選択できないと思います。

だったら
アプローチイップスの解決策を試してみるのも良いのではないでしょうか?実際、ゴルファーズクリニック院長のアプローチイップスは改善しています。

改善へのプロセス

  • 無料説明会
  • アプローチイップスの考え方を学ぶ
  • 検査方法の考え方を理解
  • イップス症状を引き起こす問題はあなたの中にあることを理解
  • 自分の中にある「思考のパターン」を知りたいと積極的に思う
  • イップス症状を引き起こす反応が取れてきたらコースへ行き確認
  • コースでの確認と治療を繰り返す
  • トータル8回~13回くらいで改善がみられる
    (最近最短で3回で改善された方もいます)

□ 目次

  1. アプローチイップスとは…
  2. イップスのスイッチを切るには…
  3. 改善された患者さんの声
  4. ネガティブな湧き出る感情に対して
  5. 施術方法
  6. まずは無料説明会へ

2~3分くらいで読める内容になっております。

1. アプローチイップスとは…

イップスとは「誤作動記憶」です。

人間の動きは自動運転で行われています。歩行、走る、スイングなどの動きすべてが自動運転です。最初に考えるのは「あそこに行こう」、「あそこに打つ」という目的だけです。

それ以外の行動はすべて自動的にコントロールされています。ですから右足を出して左腕を振るとは考えません。それもすべて以前に学習した記憶から自動運転されています。

ところがイップスになると、この自動運転の記憶に誤作動という混乱した記憶となり自動的にコントロールできない状態になっています。
まるで「スイッチ」が入ってしまうようにです。

解決策
スイッチを切ることです。

イップスのスイッチが切れたら新しい世界が見えます。

2. イップスのスイッチを切るには…

アプローチのアドレスを考えてみてください。

成功のイメージは出ますか?

「出るわけがない」と思われましたか。恐怖や失敗のイメージしか出ないのがアプローチイップスです。これを記憶といいます。この悪い記憶を引き起こしているのはあなた自身の脳であり、無意識の反応す。

解決策
恐怖や失敗という悪いイメージが出てしまうあなたの背後には何があるかをひも解いていきます。何がそうさせるのかがひも解けて納得されるとイップスの誤作動記憶は解決します。

3. 改善された患者さんの声

◆ ハンディ3が9になったアプローチイップス

“治りました” 4~5年前からアプローチイップスで悩みHdcp3~9へ面白くなく、友人からゴルフに誘われる事すら苦痛になりました。
3月にある会で土子先生のお話を聞く機会を得て、目の前が明るくなった様な気がして早速治療して頂く事になりました。
2ヶ月半(7~8回)の治療から徐々に良くなり4ヶ月(13~14回)ほどで、ほとんどアプローチイップスが治りました。イップスにはスイッチがあること、また人から伝染ることいろいろ教えて頂きました。
まだまだ完璧ではありませんがアプローチの達人になる様にイップスの治療と練習に励んでいこうと思います。
土子先生 大変ありがとうございました。

◎ 改善された男性のキーポイント

  • 男性自身が素直で「治す」という意欲が大きかった
  • 答えは自分の中にあることを強く認識されていた
  • この治療をするうちになぜイップスが治るのかを深く理解された
  • 最初のうちはコースでイップスが現れてもその背後にある感情や考え方を観察された
  • 治るまで治療を行うという強い意志があった

イップスから解放された世界が必ずあります。

4. ネガティブな湧き出る感情に対して

アプローチイップス状態が長いと「ネガティブな感情」しか出てこなくなります。ネガティブな感情はまるで湧き水のようの次から次へと現れてきます。

そこの対抗するのは「ポジティブな意思」です。

「ネガティブな感情」VS「ポジティブな意思」

ポジティブな意思は湧き出てきません。自分の意思で一生懸命出さなければなりません。ですから一人ではできないと思います。一緒にポジティブな意思を奮い立たせてアプローチイップスからの脱却をしましょう。

5. 施術方法

基本的にカウンセリングスタイルでアプローチイップスを探ります。その時、カイロプラクティックの検査で培った下肢長検査や筋抵抗検査という身体の反応を読み取る検査を同時に行うことで、あなたの潜在意識を探ることができます。

ただたんにカウンセリングを行うのと違い、身体に訊く(きく)検査によって客観的に観察することができます。

身体の反応を素直に信じてもらい治療を受けてみてください。

6. まずは無料説明会へ

アプローチイップスを解決するために、症状をお聞きしたり治療の考え方をお話しします。そのために治療に入る前に無料説明会を開催しております。この説明会に参加されてから治療を受けると治療効果が上がり、改善への近道となります。

無料説明会は毎週土曜日の午後5時から実施しています。ただし、ご都合の良い日で調整することも可能です。ご相談ください。