パターイップス克服のための動画

パターイップスとは

パターイップスとは「誤作動の記憶」です。

パターイップスは、ショートパットイップスが圧倒的に多く、次にロングパットイップスで、パット全般的イップスの方は少数派な印象です。

ショートパットイップスのきっかけは短い距離や真っ直ぐなラインの入れごろを外したケースが多いです。

パターのアドレスを考えてみてください。
成功のイメージがわきますか?

「わくわけがない」と思われたましたか。恐怖や失敗のイメージしか出ないのがパターイップスです。これは意識と無意識のギャップから生じています。そしてそれは記憶されています。

【参考記事】
ゴルフイップス治療について知りたい方へ
治療について詳しい内容が記載されています。

メカニズム

ミスパットして、グワーっと湧いて出る感情を味わいます。というのも自分としては外さないと思っていたラインで外すわけですから、訳が分からないというのが正直なところでしょう。
そして、こんな短い距離でも外すのだと学びます。

ここからパットの呪縛にはまりイップスの悪循環サイクルから抜け出せなくなります。
この呪縛とは、もう二度とショートパットをそれも簡単なラインを外したりしないようにしようと思う信念のような強固な考え方です。
そのため、できるだけパターのルール決め実行します。

しかし、
一方でこの強固なルールを拒否する本来のあなた「無意識=運動神経」もいて、がんじがらめの自分と競合するのがパットイップスです。

【ロングパットイップスの症例】
「8年近くロングパットイップスに悩む男性の天と地ほどの違い」
施術後、60台が2回も出る男性です。

競合するもう一人の自分

人間の動きは自動運転で行われています。歩行、走る、スイングするすべて自動運転です。最初に考えるのは「あそこに行こう」、「あそこに打つ」という目的だけです。

自分の中には無意識とか運動神経というもう一人の自分がいます。
通常スイングは無意識がコントロールしています。もちろん初心者は意識してスイングを身に付けます。それが次第に無意識の中に落とし込まれて、意識しなくてもスイングができるようになります。

パットイップスになっている方にも無意識の中に出来上がったパッティングフォームやスタイルがあります。つまり、パッティングの正解を知っている状態です。

正解を無意識でわかっているのに、意識では「こう打たなくては」「ああしてはいけない」といった思考が動きを支配します。その結果体は意識を拒否します。それがイップスとなるのです。それは本当につらい状態です。

「そんなに苦しかったらゴルフをやめてしまえばいい。」とも思ってしまいますが、プロゴルファーであったり、ゴルフが大好きであったり、またパターに自信があった方はそう簡単に止めることはできないと思います。

だったら
パターイップスの解決策を試してみるのもいいのではないでしょうか?
実際、ゴルファーズクリニック院長の場合はアプローチイップスでしたが現在は改善しています。
イップスは克服できます。

【参考記事】
ゴルフイップスの治療について知りたい方へ
治療について詳しい内容が記載されています。

施術を受けられた皆様の実感の声

改善された患者さんの声

◆ 2年前からショートパットイップスに悩む62歳

K.Kさん 62歳 男性

2年半位前から突然70~80㎝のショートパットを打つ時に手が自分の意思とは違う動きをする事があり、ひどい時には18ホール中、15ホールスリーパットという時もありました。
土子先生から“イップス”には“スイッチ”がありそのスイッチが何故入るかを治療を受ける度に深く解明していただき4回の治療の後は1度もイップスにはなりませんでした‼
ただまだ15~25ヤードのアプローチで手が動かない時があるのでしばらくプレーして完治しない時はもう一度訪れたいと思っています。

◎ 改善された男性のキーポイント

  • 男性自身今後のゴルフを考えたとき本気で治そうと思われた
  • イップスのスイッチを切るという内容にかなり納得された
  • この治療をするうちになぜイップスが治るのかを深く理解された
  • 切り替えがうまく行くとコースでも良い結果が現れ納得を深めた
  • 治るまで治療を行うという強い意志があった

重要!
イップスが治るとパターの名手になることも夢じゃありません。なぜなら、これまでのイップスの間もパターのことを考えてこられました。この考えは無駄じゃないのです。この考えを持ったままイップスの記憶だけが無くなるのですから、あなたのこれまでの経験すべてがあなたのパターの肥やしとなり活かせますます。

イップスから解放された世界が必ずあります。

【イップスの症例】
「院長が経験したアプローチイップス」
イップスの経験により治療家の道に進む

施術方法

基本的にカウンセリングスタイルでアプローチイップスを探ります。その時、カイロプラクティックの検査で培った下肢長検査や筋抵抗検査という身体の反応を読み取る検査を同時に行うことで、あなたの潜在意識を探ることができます。

ただたんにカウンセリングを行うのと違い、身体に訊く(きく)検査によって客観的に観察することができます。


イップス治療についての説明動画

初めてイップス治療を受けたい方への動画

イップス専門ページをご覧ください